昔の懐かしい曲を聴いてみた…

昔の青春時代の懐かしい曲を聴いてみた。
いい感じ・・・

すぐにあの頃にタイムトリップする。
不思議なくらい、あの頃に戻る。

きっと、みんな、その時その時で、自分が大切に思って聴いていた曲や歌は、そういう、当時を思い出す意味では、とても大切なんだろう。
懐かしんでる暇がなかったから、今まではこういうこと、あんまりしなかった…

でも、こういう事をするようになった自分が確かにいる。
老いたんだ・・・

私は少し年を取ったんだ

そう思った。

前に進むしかないような、振り返る事の絶対許されない過酷な道のりで、ずーっと長い間手探りでやってきて、ここにきて、とうとう、そういうような余裕がある人みたいなことをして不思議だ、自分でも。
何かまだまだ、やりたいし、年のことはあんまり考えたくないな。

心が若かったらそれだけでも違うだろう。精神的なものだってあるからだ。

あまり、もう!こんな年になった!!などと、年齢のことをしょっちゅう気にするまい。
まだまだこれから!
新しいことはきっと次々見つけられる!!

ママ友の関係

私には二人の子供がいて、保育園に通わせる時にすごく感じていたことがあります。
それは、初めての子供のママ友とはすごく仲良くなれるのに、二人目の時にはそこまで仲良くなれないということです。

一人目の時、やはりいろいろなことが初めてなので不安もたくさんあり、そんな仲間同士情報を交換したりとたくさん話す機会がありました。
参観日の後にみんなでランチに出かけたりもしていました。

小学校に上がってからも仲良くて、たまにみんなで集まって公園に行ったりしたりもします。

だけど、二人目のママとはどうもそういうふうにならないのです。
仲良くなりたいなーと、話しかけたりして、普通に仲良く話したりはするのだけど、

どこか相手からは先輩ママ的な目線で話されてしまう。
実際先輩ママかもしれないけれど…もっと気軽に話せるようになりたいのになーと残念です。

私は同じクラスのママは年齢とかあまり気にせずに楽しく話すタイプなので、ちょっと敬語っぽくされると悲しいなあと思うのです。

そんな風に思うのは私だけでしょうか?
でも、仲良くできるママ友とはこれからもずっと大切にしていきたいなと思います。

カラオケ

学生時代からカラオケが大好きです。
子供が出来てからも仲間とカラオケによくいっています。

娘も堂々と歌うようになってきました。

最近はまっているのは「採点で高得点を出すこと」です。

目指せ95点!という事で仲間も結構頑張っていますが、92点が最高得点であと3点が伸ばせません。
どうもエコーをゼロにしたり、マイクの音量も少し下げると得点がアップするようなのですが、それはすでにやっています。
なんでも凝り性の仲間は、とうとう譜面をゲットしました。

来週また仲間でカラオケに行くのですが、「let it goで絶対95点だすんだ!」とかなり本気モードです。
もはやカラオケ職人みたいになっています。

私の十八番は「みずいろの雨」。

2番目に好きな曲は、「TANGO NOIR」です。
どちらも90点くらいは出るのですがいまひとつスコアアップがわかりません。

95点が出せたらとっても気分がいいと思います。
今度のカラオケでまずは93点を目指そうと思います。